どうでも良い設定

今日の更新(予定)で少し触れられる予算委員会の準備について、もうひとつシリーズにおける人手不足を数字で評価する際にこんなかんじかな?と思っているものです。

予算委員会準備における事務処理能力(平均)
三年生薔薇さま:1.0×3=3.0
二年生つぼみ(一年時経験あり):0.7×1=0.7
二年生つぼみ(未経験):0.5×2=1.0
一年生つぼみの妹:0.3×1=0.3
合計:5.0

予算委員会準備における事務処理能力(もうひとつシリーズ。祐巳二年生)
祥子・令:0.8×2=1.6
祐巳:0.8
志摩子:0.6
由乃:0.6
乃梨子:0.4
合計:4.0

祥子と令はそれぞれ懸案を抱えているため戦力8掛け状態。
祐巳は引き継ぎ・日々の頑張りから一年時点で経験のあるつぼみよりは仕事をこなせる。由乃は一年生の時休みがち、志摩子はその時点ではかなり半端なお手伝いだったためやや減、乃梨子は学年代表は伊達じゃ無いということで少し高め。
ここまでたらたら書いて置いてなんですが、細かい数字に全く意味は無いし、明日聞かれたら別の数字を回答しそうなものです。
が、全体として例年より三年生薔薇さま一人分減っているようなイメージではいます。
聖さまが責任感じるのも無理ないね。

コメントを残す
(承認制です。メールアドレスを入力しない場合、送信後コメントできていないように見えますが、投稿できていますので、承認までおまちください)

メールアドレスが公開されることはありません。